歯医者で矯正歯科とインプラント 

矯正歯科とインプラントを歯医者で

インプラント

Posted by riffraff2013.com on 2月 24, 2014

【インプラント】
身体の失われた機能を取り戻すための治療法です。その機能の代わりとなる金属などを埋め込みます。
歯医者の矯正歯科ではデンタルインプラントと呼ばれています。永久歯が抜けてしまった歯茎に歯医者の矯正歯科でネジ(フィクスチャー)を埋め込み、その上に人工歯(アバットメント)を設置します。

【歴史】
デンタルインプラントは、歯医者や矯正歯科がない時代から存在しました。デンタルインプラントという名称や歯医者や矯正歯科は存在しませんでした。ですが、昔から歯茎に歯の代わりとなるものを埋め込んできたのです。

【メリット】
違和感があまりなく、通常の歯とほとんど変わらない噛み心地です。
人工歯(アバットメント)だけが表に出ているので、ネジ(フィクスチャー)は見えません。よって、見た目が自然です。それに歯を削ることもしません。

【デメリット】
骨や歯茎の状態によっては、デンタルインプラントができません。
手術の費用が高いです。1本約40万円します。すべての施術が終わるまで約1年と長めで、施術後も定期健診が必要です。

【仕組み】
土台になるネジ(フィクスチャー)を歯茎に埋め込み、骨となじむまで約4ヶ月待ちます。
そして人工歯(アバットメント)を、上から設置します。

話題のサイト

あきる野市で矯正歯科を探すなら|あきる歯科